最新遺伝子検査キット比較2020 今、一番ピッタリのキットはコレだ!

ウイルスって何?簡単に説明!

そもそもウイルスってどんなことをするのかを解説!

ウイルスって何?簡単に説明!
Centers for Disease Control and Preventionより
新型コロナウイルスは、大体こんなような感じになります。
この、へんてこな生き物の(ようなもの)が人々に感染して、いま世界中が大騒ぎしています。

 

まずは、新型コロナウイルスとはどういったものかを簡単に解説したいと思います。

ウイルスとは何か?

新型コロナウイルスの話をする前に、ウイルスとはどういったものかについて解説したいと思います。
なんで、綿棒や唾液で遺伝子情報がわかるの?で解説しましたが、普通生物は「細胞」からできています
生物の最小単位は「細胞」といっていいかもしれません。
このサイトは遺伝子検査キットの解説をするサイトですが、その中で紹介している「ユーグレナ マイセルフ」」の「ユーグレナ」は単細胞生物でたった一つの細胞からなる生き物です。
ユーグレナというと聞きなれませんが、「ミドリムシ」というと中学校の理科で習ったのではないでしょうか?

 

スキンケアの遺伝子検査
原生生物図鑑より

 

ミドリムシ(ユーグレナ)のような単細胞生物であっても、
自分で栄養をとり
自分で子孫を増やす(分裂して数を増やす
ことができます。

 

ところがウイルスは違います。

 

これらのことを完全に人任せにするんです。
寄生すると言いますが、ウイルスに限って言えば寄生どころではありません。繁殖のために宿主をつかいます。寄生というと宿主からかすめ取るイメージですが、かすめとるというよりも乗っ取るイメージです。
そして、ウイルスは、自分で栄養をとったり、自分で繁殖をしたりできないため、生物なのか生物でないのかはっきりとせず、いまだに議論がされています。。

 

では、ウイルスが体内に侵入して具体的にどういったことをするのか見てみましょう。

ウイルスの感染を簡単に説明

この記事では、ウイルスに感染してからの、行動をなるべく簡単に説明するために、極力専門的な用語は使わずに説明しています。
その関係上、かなり極端な省略がありますがご容赦ください(より、詳細な部分に関しては今後解説していきたいです)。

ウイルスが人体に感染するまでの経路は種類によって様々です。新型コロナウイルスのように飛沫感染(もしかして空気感染もするかも)から、性行為や注射針の使いまわしのようにかなり濃厚な接触がないと感染しないものまで様々です。

 

まずは、ウイルスが体内に侵入した場合、どのようなことをするのでしょうか?

ウイルス、体内に侵入する

ウイルスの感染1
今回のモデルになってもらうのはは、コロナウイルスです。コロナウイルスには、スパイクと呼ばれるものがついています。そのスパイクを使って細胞壁にくっついているようです。どうするつもりでしょうか?

 

ウイルスが、ウイルス自身の遺伝子情報を細胞内に注入する

 

ウイルスの感染1
あれ!?とつぜん目がバッテンになりましたよ。死んでしまったのでしょうか?ウイルスが生物であればここで死んでいます。
でもよく見てください、何かオレンジ色の物を出していますね。実はこれがウイルスのDNAまたはRNAになります。
DNAまたはRNAとしているのは、ウイルスにはDNAをもっている種類とRNAを持っている種類の2種類がいるからです。
しかし、どちらも機能は同じで「ウイルス本体の遺伝情報」が入っています。わかりやすく言えば、ウイルス本体の設計図を人間の細胞の中にコピーしたということです

 

遺伝情報を注入した後のウイルスはどうなってしまうのでしょうか?ウイルスはDNAまたはRNAの遺伝情報とそれを取り囲む殻でできています。そのため、DNAまたはRNAを注入した後のウイルスは「抜け殻」のようなものです。もう用なしになってしまいます。

 

では、細胞壁の中(細胞の中)に注入されたDNAまたはRNAはその後どうなるのでしょうか?

 

本体の細胞核に潜り込み増殖の機会をうかがう

 


細胞の中に侵入したDNAまたはRNAは、それ自体が特に悪さをすることはありません。実はここで、いろいろなことをするのですが、最終的には上のように細胞の中にある核に入り込みます
この核の中には、人間の細胞本体を維持するために必要なDNA(細胞の設計図)は詰まっています。
人間の細胞の設計図の中にウイルスの設計図が侵入するんです。そして、しばらくそのままで潜伏します。特に悪さはしません。この時期を潜伏期といいます。
この時、人の体には特に症状はでません。サラリーマンであれば、いつも通り会社と家の往復を繰り返していることでしょう。ところが、何らかのきっかけが起こると事態が急変します。

 

爆発的増殖が始まる


ここで、工場のようなものが出てきました。新しい仲間が出てきたので簡単に説明します。説明を簡単にするために、1つの工場で表していますが、本当は3つの部位をまとめて書いています。

・m-RNA(メッセンジャーRNA)

・r-RNA(リボゾームRNA)
・t-RNA(トランスファーRNA)

この3つを合わせたものを工場としてあらわしていると思ってください。

 

普通、これらの工場では人間の細胞にあるDNA情報を基に、人間の細胞の維持に必要な様々な部品を作っています
ところが、上の図を見てください。あろうことか、ウイルスを作り始めています。
なんと、ウイルスは、人間の細胞の中にウイルスの遺伝情報を注入して、人間の細胞の部品製造機能を使ってウイルス自身を作らせているのです
ウイルスは、人間の部品工場の生産ラインをのっとってウイルス自身を生産します。なんと恐ろしいことをするのでしょうか!

 

細胞を破壊!次の増殖へ


このようにして、人間の細胞の工場を使って、ウイルスを大量増幅させます。そして増殖に細胞自身が耐え切れなくなると、細胞壁を破って外に飛び出します。そして、大量に発生したウイルスは、他の細胞へと同じように侵入したり、体外に飛び出して、他の人に感染します
これを繰り返すと細胞が次々と破壊されていきます。この状態を放置すると人間の体では熱が出たりいろいろな症状が出始めます。

 

ちなみに、ウイルスの種類によって、好みの体の部位があるようです。例えば、肺の細胞に心中するのが好きなウイルスもあります。この場合は肺炎のような症状を起こしたりします。

まとめ

今回はウイルスの増殖の過程を見ていきました。
ウイルスは、ウイルス自身を増やすのも、増やすための材料を調達するのも、宿主となる動物を利用しています。単純ですが非常に強力な戦略です。
ウイルスにもいろいろな種類があります。次回は新型コロナウイルスとその仲間たちについて紹介したいと思います。

トップへ戻る